遺伝するデブ!肥満は受け継がれる!?

a1180_010351
親と容姿が似るように、遺伝によって太った親からは、やはり太った子供が生まれるのでしょうか?
街を歩いていると、そういう風に思える親子も目にすることがあります。
はたしてどうなのでしょう。

スポンサーリンク




デブは運命なのか?

生まれた時からデブは決定付けられているのでしょうか?

現在、体脂肪を一定の量まで蓄えるという能力が遺伝することはわかっています。
しかし、その能力が遺伝したからといって、体型までが同じように引き継がれるわけではありません。

遺伝子研究が進むにつれ、肥満に関わる遺伝子は40くらいあるとされています。
その遺伝子が積み重なり組み合わさることにより、肥満になることが決定づけられるのでしょうか?

両親の体型により、肥満になる確率

a1180_001524
両親の体型によって次のような確率でこどもがデブになるという統計があります。

両親とも標準的な体重の場合・・・・10%
両親共に太っている場合・・・・・・80%
母親だけが太っている場合・・・・・60%
父親だけが太っている場合・・・・・40%

両親共に太っている場合、その子供の8割はデブ・・・。
うーん、どうでしょう?

肥満は3割が遺伝的要素、7割が後天的要素

肥満を決定付けるのは、70%が後天的要素によるものです。
つまり遺伝的に太りやすい人でも、肥満は防ぐことができるということです。

親が肥満の場合、同じ環境で暮らし、同じ食生活を送り、同じような習慣で過ごしていれば、肥満になる確率が高まるのは当たり前です。

「両親がデブだからとわたしもデブになる」と思ってあきらめてはいけません。
それを言い訳にしてもなにも良いことはないのです。

思い切って環境を変えましょう。

過去のことや、要因は考えてもしょうがありません。
これから先になりたい自分になるという信念で、前を向いてダイエットに取り組んで行くことが重要です。

まずは、30日間で5%減らすことを目標に

目標を決めてダイエットに取組む場合、期間を決める事が重要です。

最終的な目標に、どれくらいの期間をかけて到達するか計画をたてましょう。
かと言って、早急で高すぎる目標は体によくありません。
まずはあまり無理のないところで、30日間で現在の体重より5%減らすことを目標にしましょう。

現在の体重(  )kg×0.95=目標体重(   )kg

に設定してみましょう。

たとえば、73kgの方の場合 73kg×0.95=約69kg が目標体重になります。

目標と現在の体重差の4kgが30日間の目標です。
4kgを30日間で割ると、1日あたり133g。
それを毎日の目標体重としてクリアしていけば意外と楽しんでダイエットに取り組めるかもしれません。
105
失敗した時の言い訳としては遺伝という言葉は使いやすい言葉です。
しかしそれではいつまでたってもダイエットが成功しません。
素敵な未来の姿を思い浮かべて、なりたい自分になりましょう!

それでも気になるなら肥満遺伝子を調べてみましょう

でもやっぱり、自分自身の体質を知りたいかたは、最近は簡単に遺伝子を調べることができます。

話題のDNA SLIMダイエットなら、口腔粘膜から採取して送るだけで、自分の遺伝子が分析出来ます。

調べるのは5種類の肥満遺伝子

以下の5つの遺伝子情報を調べます。

  • 食行動調整系遺伝子
    • FTO【rs9939609] (高カロリー嗜好遺伝子)
    • FTO【rs1558902】(過食傾向遺伝子)
  • エネルギー代謝調節系遺伝子
    • ADRB3(内臓脂肪型遺伝子)
    • UCP1(皮下脂肪型遺伝子)
    • ADRB2(やせ型遺伝子)

この5つの遺伝子をしらべ、あなたが10種類の肥満タイプの内、どの肥満タイプなのかを提示するとともに、以下の5つのアドバイスも送られてきます。

  • 遺伝子分析結果とアドバイス
  • 食事のアドバイス
  • 運動のアドバイス
  • ダイエットプラン
  • 食行動判定結果

遺伝子により自分の特質を知り、変えられない部分を把握することで、それにあったダイエットを行うという方法も大事です。

なかなか痩せない、痩せづらいという方。
一度調べてみるのも、ひとつの方法です。



スポンサーリンク