遺伝するデブ!肥満は受け継がれる!?

a1180_010351
肥満は3割が遺伝的要素、7割が後天的要素

という風に言われているそうです。
生まれた時からデブは決定付けられているのでしょうか?
遺伝子研究が進むにつれ、肥満に関わる遺伝子は40くらいあるとされているそうです。
その遺伝子が積み重なり組み合わさることにより、肥満になることが決定づけられていくのでしょうか?

両親の体型により、肥満になる確率

a1180_001524
また両親の体型によって次のような確率でこどもがデブになるとも言われています。

両親とも標準的な体重の場合・・・・10%
両親共に太っている場合・・・・・・80%
母親だけが太っている場合・・・・・60%
父親だけが太っている場合・・・・・40%

という統計もあるようですね。

しかし最初の説にあるように、後天的な要素が7割を占めるのです。
つまり遺伝的に太りやすい人でも、肥満は防ぐことができるということなのです。
親が肥満の場合も、同じ環境下で暮らし、同じ食生活を送っていればそうなるであろう確率が高まるということです。
「両親がデブだからとわたしもデブになる」のだと思ってあきらめないで。
過去の生活や、要因は考えてもしょうがないのです。
これから先になりたい自分になるという信念で、前を向いてダイエットに取り組んで行くことが重要です。

まずは、30日間で5%減らす

目標を決めてダイエットに取組む場合、期間を決める事が重要です。
まずはあまり無理のないところで、30日間で現在の体重より5%減らすことを目標にしましょう。
現在の体重(  )kg×0.95=目標体重(   )kgに設定しましょう。
現在73kgのわたしの場合、
73kg×0.95=約69kg
目標と現在の体重差の4kgを減らしてくことにしました。
その4kgを30日間で割ると、1日あたり133g痩せていけばいいということ。
それを毎日の目標体重としてクリアしていけば意外と楽しんでダイエットに取り組めるかもしれません。
105
失敗した時の言い訳としては遺伝という言葉は使いやすい言葉です。
しかしそれではいつまでたってもダイエットが成功しません。
素敵な未来の姿を思い浮かべて、なりたい自分になりましょう!

わたし自身にも言えることなのですが・・・

スポンサーリンク

爪で調べられる肥満遺伝子チェック

世界初!爪でわかるダイエットプラン
テレビでも話題のDNA SLIM。簡単遺伝子チェック。

最近は遺伝子検査で自分の体質を調べることが簡単にできるようになりました。
このDNA SLIMは爪で遺伝子を解析し、自分の体質が解るというもの。
まずは自分の体質を確認することで、自分にあったダイエット方法がわかります。
要因を探れば、対策はとりやすい。

詳しくはこちらをクリック→DNA SLIM

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク