3ヶ月で21kg減【彦摩呂】が結果をだしたダイエット方法

piglet-520883_640
グルメレポーターとして活躍している彦麻呂さん。
3ヶ月でー21kgとかなりのダイエットに成功したようですね。

はたしてどんなダイエット方法で痩せたのでしょうか?

スポンサーリンク

きっかけは視聴者やファンの声

ビジュアルではかなりデブな彦摩呂さん。
これまで色々な番組や企業から、ダイエットの企画が持ち込まれていたようですが、頑なに断っていたそうです。
その理由はある程度太っていることで、食べているシーンががおいしく見えると考えていたからのようです。

しかしその考えとは逆に、ファンや視聴者からは健康を不安視する声が多くなってきたとのこと。
太りすぎていると美味しくみえない。
体は大丈夫なのかと安心してみていられない。

良かれと思っていたのに、世間の反応は逆でした。

そこで、ダイエットに取り組もうと決意したそうです。

続けられるもの、1人でもできるもの、「食べないダイエット」はしない

企画ありきのダイエットではなく、自発的にダイエットするにあたり考えたのは、

とにかく続けられるもの、1人でもできるもの、「食べないダイエット」はしないという3つを条件にしたんですね。あと、グルメリポーターはやり続けると。

これまで番組で何度か取り組んだことのあるダイエットでは、トレーナーや栄養管理士がついて行うダイエット企画でした。
それだと番組の企画が終わった時点でトレーナーなどはいなくなってしまう分、ダイエット前よりもリバウンドがすごかったようです。
ですので、一人で続けられるダイエットにこだわったのです。

そこで、彦摩呂さんが取り組んだのは「低糖質ダイエット」。

ちん◯んが見えるようになった

ramen-682343_640
彦麻呂さん流の低糖質ダイエットは、

大好きなラーメンや御飯を食べる回数と量を半分に減らし、野菜を倍にした

取り過ぎている炭水化物の量を減らすのは、ダイエットの定石です。
その分野菜を多く摂ることで、満腹感を損なうこと無く、ダイエットに成功したようです。
お酒も日本酒やビールなどは糖質が多いのでセーブし、糖質の少ないワインや焼酎にシフト。
飲みの席でも、赤ワインと糖質の少ないチーズを頼んでいるようです。

そして、太っている間は大きなお腹が邪魔をして見えなかった“息子”がしっかりと見えるようになったそうです。

しかし現在もデブでいることには変わりはない

21kg痩せたと言っても、120kgから99kg。
減った数字は大きいですが、元の値が大きいので現状でもデブはデブです。
身長も170cmなのでまだまだデブです。

食レポを続けていくうえで、痩せすぎてもどうかということもあり、ぽっちゃりキャラはそのままに90kgぐらいの体重で落ち着くのがいいのかなと現状は考えているようです。

現在は彦摩呂の低糖質ダイアリー(←閉鎖した様です。)で毎日の食事内容をアップしています。
結構な量を食べている日もありますが、その翌日で調整したりしていますね。
あまりギチギチにしてもダメなので、上手くやっているようです。

ちなみに彦麻呂で画像検索すると、デビュー当時の画像が出てきますが、まったくの別人です。

いろいろなダイエット方法がありますが、食事内容を変えるのが一番効果的ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク