【寒天ダイエット】ところてんやゼリーとの違いとベストな摂りかた

真夏の暑さで食欲のない時など、「ところてん」や「寒天」は食事やデザートにぴったりです。

寒天はダイエットに良いと言われていますが、一体どんな点が良いのでしょうか?
成分や効果とともに、寒天に似たツルッとした触感の食品についても調べてみました。

スポンサーリンク




寒天のダイエット効果

寒天のカロリーは、100gあたり3.1kcalとほとんどありません
成分のほとんどは食物繊維なので便秘などもに効果的です。

食事と一緒に食べれば、腸のなかで糖質や油の吸収を穏やかにするので、ダイエットに効果的なのです。

寒天ダイエットのやりかた

  • 毎食寒天を使った料理やデザートを食べる。
  • 食前にところてんを食べる

のどちらかが効果的です。

毎食メニューに取り入れるのが面倒な場合は、食前にところてんを食べるのがおすすめ。

ところてんと寒天は、製法は違いますが、同じ天草(テングサ)から作られており、成分はほとんど同じです。

食事の初めに1人前のところてん(約130〜150g)を食べましょう。
よく噛んで食べれば、脳の満腹中枢に働きかけるので食欲も抑えられます。

簡単寒天レシピ

作るのが面倒であれば、寒天ゼリーなどを買ってもよいのですが、簡単にできるレシピもあります。いくつか紹介しましょう。

寒天杏仁豆腐

簡単でデザートにもってこいなのが、寒天を使った杏仁豆腐。
牛乳の優しい甘さが口いっぱいに広がります。

Cpicon 寒天で簡単杏仁豆腐 by Ginto34

トマトジュースで簡単ゼリー

トマトジュースで作るので、簡単にトマトゼリーが作れます。
リコピンなど抗酸化作用が豊富なトマトで美容効果も期待できます。

Cpicon 最強!トマト寒天ゼリー♡ by miipu3u

ジュースで簡単オレンジゼリー

ビタミンCが豊富な100%オレンジジュースを使った寒天ゼリーです。
さっぱりしたい時に最適。

Cpicon ダイエットにオレンジ寒天ゼリー by さん屁ぇです

「寒天」と「ところてん」の違い

寒天とところてん。どちらも同じ天草(テングサ)から作られています。
では、何が違うかというと、製法の違いです。

天草(テングサ)を煮た煮汁を冷やし固め、ところてん突きで突き出した麺状のものがところてんです。

寒天は、天草を煮た煮汁を冷やし固めるところまでは同じですが、さらに凍らせて乾燥させたものが寒天なのです。

寒天の種類

棒状の棒寒天と細く切ってある糸寒天、そして3種類があります。
どれも煮て溶かして使いますが、棒と糸の場合は一度水で戻してから水気を切り煮るので、ひと手間かかります。

粉は加えて溶かすだけなので、安く使い勝手がいいです。

寒天とゼリーの違い

プルンとした見た目の似ている「ゼリー」は寒天とどう違うのでしょう?

ゼリーは粉末状のゼラチンを沸騰させて作りますが、ゼラチンの元になっているのは牛や豚の皮、腱、骨などを原料とし、抽出したもの
動物性たんぱく質、いわゆるコラーゲンです。見た目は似ていますが、全く違う原料から作られています。

ゼラチンは食用だけでなく、医薬品や写真のフィルムなどさまざまな用途に使われています。

吉野葛と川崎大師名物のくず餅の違い

奈良の特産品でもある葛。これもトロトロとした触感が楽しいですが、こちらの原材料は豆科の植物クズの根の部分を精製した「でんぷん」です。

一方、関東の川崎大師などで名物のくず餅は、小麦粉を水にさらしてできた「でんぷん」を原材料にしています。

同じ音、同じ植物性でも、成り立ちが違います。
見た目も、吉野の葛は透明ですが、川崎大師のくず餅は白濁してブルンとした触感です。

わらび餅は蕨の地下茎

また似ている「わらび餅」は、植物の蕨の地下茎から取れる「でんぷん」が原材料。
ですが、蕨から精製するのにものすごい手間が掛かるので、スーパーなどで安価に販売されているものは、葛粉や他のでんぷんを利用したものが多いです。

現在本物のわらび餅は希少なものになっているようです。

はるさめとマロニーの違い

鍋物やサラダなどで食べる、ツルリとした触感の「春雨」は緑豆やじゃがいも、さつまいもから取れた「でんぷん」を原料にしています。

マロニーはじゃがいもから取れたでんぷんにコーンスターチを加えて作られています。

こちらに関しては形状は違いますが、ほとんど同じようなものですね。

これらをまとめると、

  • 寒天・ところてんは、天草(海藻)
  • ゼラチンは、動物性たんぱく質コラーゲン
  • 他は植物性のでんぷん

が原料になっています。

100gあたりのカロリーを一覧にしてみました。

品名 原料 100gあたりのカロリー
寒天 天草 3.1kcal
ところてん 天草 1.9kcal
ゼラチン 牛豚の皮、コラーゲン 343.9kcal
葛の根からとれたでんぷん 347kcal
くず餅 小麦粉からとれたでんぷん 88kcal
わらび餅 蕨の地下茎からとれたでんぷん 332kcal
はるさめ 緑豆、じゃがいもなどのでんぷん 342kcal
マロニー じゃがいものでんぷんコーンスターチ 349kca

寒天・ところてんはカロリーがほとんどないですが、その他は粉の状態でのカロリー。
はるさめ・マロニーは乾燥した状態でのカロリーです。
※くず餅だけ分からず、商品でのカロリーになってます。

なので、ゼラチンなど実際に使う量は2〜3g程度なので、カロリーはそれほど多くはないです。

ダイエットには寒天・ところてんが一番

カロリーもほとんど無く、ミネラル分が豊富なところてん。
便秘にも効果的なので、ダイエットの強い味方になることは間違いありません。

ただし、カロリーはほとんど無くほぼ水分なので、栄養のバランスを考え他のものもきちんと摂りましょう。

スポンサーリンク