褐色脂肪細胞を刺激することで脂肪燃焼アップ!

b764b4ed87fe25d8a01811500aad6da2_s
脂肪・・・減らしたいけどなかなか落ちないですね。
その脂肪には性質の違う2種類の脂肪があるといいいます
まずは正しく脂肪を理解し、ダイエットに取り組みましょう。

スポンサーリンク

白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞

同じ脂肪細胞でも、白色と褐色の2種類があり、それぞれ違った役目があります。
白色脂肪細胞は脂肪を蓄える貯蔵系褐色脂肪細胞は体温調節の熱源となる燃焼系

白色脂肪細胞は中央の油滴が大きく、脂肪が大きくなるにつれて、油滴も大きくなります。
胎児期、生後1年、思春期、中年期に増える傾向にあります。
全身にあり、特に下腹部・お尻・太もも・二の腕、内臓の周りにもあります。

いっぽう、褐色脂肪脂肪は、中央の油滴は小さく、脂肪が増えても大きくなることはありません。
赤みのある物質を含むミトコンドリアが多いため、褐色に見えるそうです。
褐色脂肪細胞は主に首から肩甲骨周辺に多く存在しており、この褐色脂肪細胞を刺激し活性化することで、脂肪が燃焼されやすくなり、痩せやすいカラダになるのです。

褐色脂肪細胞を刺激するには

1.水泳をする
a1180_004239
水の中で背中を冷やし、更に肩を動かすのですからこれにまさる方法はないかもしれません。泳法は肩を回すクロールやバタフライがおすすめ。

2.サウナと冷水
PPW_suijyoukigatachinoboruoowakudani500

サウナ後に冷水に浸かることで、褐色脂肪細胞が刺激され効果があるようです。
また、自律神経の機能強化にもなり、ストレス解消にもなります。

3.肩のストレッチ
泳げないし、サウナは苦手というかたはだれでも簡単にできる肩のストレッチをしましょう。
ゲッタマン体操が簡単でわかりやすいです。


肩甲骨周りを意識して大きく動かすのがポイントです。
最近はやりの肩甲骨はがしですね。

ストレッチポールなどの道具を使うのも効果的です。
整体師に揉まれているような感覚のマッサージ&エクササイズ用マットというものもあります。

また、コーヒーに含まれるカフェインも褐色脂肪細胞を活性化するという報告もあるようです。
運動する30分くらい前にコーヒーを飲むのも効果があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク