血液型ダイエットA・B・O・AB型によって合う食事や痩せやすい食べ物は違う?

qimono / Pixabay

血液型ダイエットと言う本をご存知でしょうか?

ピーター・J・ダダモ博士が書いた本で、日本でも出版されています。

既に出版から10年以上も前ということもあり、Amazonにも古本で出品されていますね。

ダダモ博士のNEW血液型健康ダイエット (集英社文庫)
ピーター・J・ダダモ
集英社
売り上げランキング: 68,156

わたしは図書館で見かけたので斜め読みしてみました。

この本は、血液型の成り立ちや、血液型それぞれの性格、なりやすい病気(がん・甲状腺など)、合う食事などについて事細かに書かれた本です。
各血液型ごとの生活法についても書かれており、ストレス改善方法や、実際のダイエットの実践記録なども書かれてています。

この血液型ダイエットの理論の大元の根拠となっているのは、各血液型の成り立ちやどんな民族から出現したかによるところが大きいです。

以下簡単に本書の前段部分に書かれていたことをまとめてみました。

スポンサーリンク

O型 最古で世界で最も多い血液型

saritjokro / Pixabay

O型はクロマニヨン人の頃からあったとされるもっとも古い血液型です。
現在世界でも、もっとも多い血液型とされています。

その頃は農耕が未だ無く、狩猟民族として狩りをして暮らしていました。
そのため、肉類を主な食糧としていた時代に生き延びてきたため、肉や魚などの動物性たんぱく質の高たんぱくな食事が合っています。

逆に豆類や乳製品は避けた方がよいでしょう。

A型 農耕民族から出現した血液型

ulleo / Pixabay

次に出現したのがA型。

紀元前2万5千年前頃に出現したとされています。
農耕民族のなかからA型は生まれたため、植物性たんぱく質から栄養を補給できるよう適応してきたとされています。

大豆製品、豆類、穀物等の野菜や果物を主な栄養源とし、魚介類からたんぱく質は摂るのが良いでしょう。

B型 遊牧民から生まれた血液型

javipolinario / Pixabay

3番目に出現したのがB型。
紀元前1万5千年〜1万年前出現したと考えられています。

本書では遊牧民から発生したとされており、そのことから家畜の肉や乳製品を主食としてきました。
もしくは移動中に手に入るものを食べて生き抜いてきたようです。

そこから、うさぎ、鹿、鳥獣類、羊などの家畜の肉を属するのが適しているとされています。しかし鶏肉だけは避けたほうが良いでしょう。(なぜか?)

野菜や果物も合うものが多く、4つの血液型のなかで最もバラエティに富んだ食生活ができると言われています。

AB型 謎の多い血液型?

Lilithy / Pixabay

十世紀から十五世紀に出現したとされています。
他の血液型にくらべると、つい最近のような気がしてしまいます。

どのような経緯で出現したのか謎の多い血液型とされています。

ABというくらいなので、A型とB型の両方の特徴を受け継いでいますが、悪い面の特徴も受け継いでしまっているということ。

食事に関しても複雑で、A型とB型に合うものは合うのですが、A型とB型に合わないものも合わないとされていて、野菜中心で肉類と乳製品を適量摂るのがよいとのこと。

前段部分を簡単にざっくりまとめると、こんな感じのことが書かれています。

さらに本書を読み進めるともっと事細かに理論立てて書かれています。

A、B、O、ABの4つの分類だけではなく、Rh型(+、ー)、MN型(MM、NN、MN)、分泌型・非分泌型によっても、体にあう食事の内容や分量も違ってくるらしく、食品名やビタミンなどについても細かく記載されています。

血液型による性格や占いを信じるのは日本人だけだと思っていましたが・・

血液型による性格の違いも軽く触れられていて、こういった性格分類を信じているのは日本人だけかと思っていましたが、アメリカ人の一部も信じているようですね。

血液型による性格分類が流行っているのは、日本と韓国、台湾くらいなもので、その他の地域では全く信じられていないようです。

日本の芸能人のプロフィールには血液型が表記されているものがほとんどですが、ハリウッドスターのプロフィールなどには血液型は書いていません。

そもそも何型なのかも調べておらず、輸血が必要になった場合に調べるのが普通だそうです。

差別やハラスメントの元で、結局村意識みたいなことが根強く日本には残ってしまっているだけのような気もします。

まとめ

本書の内容については、個人的には何も検証していませんので、そもそもの血液型の発生時期などについてもどうやって調べているか分かりません。

ABO型の血液型の分類が発見されたのが1900年頃ですし、化石などから昔の血液型を辿ったのでしょうか?

血液型と体質の関係についても否定的な意見もありますので、なんともいえないところですね。

最近ではこんな本も書かれていますし。

血液型で分かる なりやすい病気・なりにくい病気 (ブルーバックス)
永田 宏
講談社
売り上げランキング: 228,997

続々と新しい発見がされ、理論がくつがえされることもあります。

現状で何を信じ、何を選択するかは結局のところあなた次第です。

血液型別、トリセツダイエット



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク