キンタローがパンを食べて痩せたパンダイエットの秘密とは


2017年2月19日放送のピラミッド・ダービーで、キンタローがパンを食べて5日間で-1.9kg痩せていました。
パンや米は炭水化物・糖質なので、最近流行りの糖質制限ダイエットでは忌み嫌われているようですが、どのようにして痩せたのでしょうか?

スポンサーリンク




パン ダイエットとは

文字通り毎食パンを食べるダイエットです。
食事の回数を減らすことなく、1日3食パンを主食にして食べます。

パンダイエットのやり方

“パン”ダイエットの具体的なやり方は

  • 1日3食パンを食べる
  • 量は1食あたり100g、8枚切り食パンで2枚程度
  • パン以外の主食は食べない
  • 食前に100ccの抹茶豆乳を飲む
  • 食事中も抹茶豆乳を飲む

ということです。

抹茶豆乳がこのダイエットのポイントです。

抹茶豆乳の作り方

作り方と言っても、たいしたことはなく、豆乳に抹茶を混ぜるだけ。
量は食前に100cc、食事中も飲んだほうがいいとキンタローのブログでも言っているので、200ccに抹茶を混ぜて毎食用意すればOK。
食べる前に半分飲んで、食べながら残りは飲みましょう。

ブログのなかでは、シェイカーに入れてひたすら振ったりしていますが、一番いいのは少量の水やお湯で抹茶を溶いてから豆乳と混ぜ合わせれば、ダマになりにくいようです

この抹茶豆乳の何がそんなにいいのでしょうか。

抹茶のダイエット効果

抹茶の主なダイエットに関連した成分は、カテキン、食物繊維、といったところ。
それぞれの効果は

カテキン
例のトクホのお茶にもありましたが、脂肪燃焼効果。
さらに抗酸化作用もあるので、アンチエイジングにつながります。
コレステロールの値を整え、血中脂質を正常にするので、高血圧予防にもなる
殺菌効果もあるので、口臭予防にもいいとです。
食物繊維はやはり、腸内環境を整えることです。
便秘がちのかたは、摂るように心がけましょう。

このあたりが抹茶のダイエット効果のようです。

豆乳のダイエット効果

次に豆乳はというと、おもな成分はイソフラボン、サポニン、レシチン

  • イソフラボン 抗酸化作用、女性ホルモンを整える
  • サポニン 腸で吸収したブドウ糖が脂肪と合体しないように抑制し脂肪の蓄積を抑える効果
  • レシチン コレステロールを乳化し肝臓へと運び排泄させる→動硬化予防

とこちらもダイエットに効果がありそうです。

抹茶カテキンの脂肪燃焼効果豆乳の脂肪の蓄積を抑える作用が組み合わさることで、効果を発揮しているのでしょう。

糖質の制限し過ぎは良くない

糖質制限には賛否両論ありますが、やはり糖質を一番消費するのは脳
制限しすぎると、頭がボーっとして働かなくなります。
適度にバランスよく取り入れれば、キンタローのようにダイエットも成功するでしょう。

適度な運動も大切

金スマでご存じの方も多いでしょうが、キンタローは社交ダンスがかなりの実力。

もうすぐ金スマはじまるよ〜😊✨💓 みてね👑👑 #金スマ #金スマ社交ダンス #世界選手権

キンタロー。さん(@kintalo_)がシェアした投稿 –


これだけ体動かせるのですから、適度な食事をすればダイエットに成功するのも当然。
食事だけでなく、体を動かして気持ちよくダイエットしましょう。

一面的な情報だけでなく、バランス良く取り組むことが大事です。

キンタローが10日間でしぼり込みに成功した理由

キンタローが10日間でしぼり込みに使ったのはこちらの商品。

あの女性芸能人も大成功!「ドリップクリスナン」でわずか10日間だけのしぼり込み体験


ちなみに、パンダイエットの番組収録中はのんでいなかったとのこと。
こちらも試してみる価値がありそうです。

スポンサーリンク