レギンス入浴ダイエットは誰が広めた?効果と口コミを調査

Instagramでレギンス入浴ダイエットを探してみると、2015年後半から2016年前半にかけて投稿している方が多いです。

この時期にテレビで紹介され、中村アンがInstagramで紹介したのでしょう。

ではこのレギンス入浴ダイエット。誰が考案したのでしょうか?

スポンサーリンク




レギンス入浴ダイエットは誰の発案?

こちらの書籍は2010年に出版された本です。
漫画家の星乃美玲(かなつ久美)が書いた作品です。現在はAmazonで中古品が販売されています

これ以前には、レギンス入浴に関する本が見つからなかったので、どうやらこの方が最初に発案したようです。かなり前からあるダイエット法なのですね。

その後、ダイエットエキスパートの和田清香さんによるムック本が2014年に出版されています。

この和田清香さん。
TBSで以前放送していた「私の何がイケないの?」で、元宝塚女優の紫吹淳さんのマネージャー、「ばあや」こと菅由美子さんと漫画家倉田真由美さんのダイエットをサポートしました。

この番組中で、「ばあや」さんが取り組んだのが「レギンス入浴ダイエット」だったので、一気に火が付いたのでしょう。

テレビの影響力は大きいです。
放送は2015年の11月9日ですので、Instagramでの実践者が多い時期と符合します。

レギンス入浴ダイエットのやりかた

やり方は、字面そのまんまですね。

レギンスを履いて、入浴するというもの。

入浴でからだに掛かる水圧にプラスして、レギンスが脚に圧力をかけるのでリンパや血流の流れが良くなり、ダイエットにつながるというもの。

さらに、足首を回したり、膝裏をマッサージでほぐしたり、ふくらはぎ・太ももをリンパの流れに沿ってマッサージすればさらに効果アップになるようです。

レギンス入浴の効果、口コミ

Instagramで口コミをひろってみました。

#汗ダラダラ とあるので、とにかく汗は半端なくかきそうです。

密かにやってましたpart.2★ みんな知ってる?#レギンス入浴 あたしInstagramで知ったんだけどこれいい!! 着圧ソックスを履いてお風呂につかるだけ٩(Ü*)۶ あたしはお風呂にコロコロ持って行って途中でゴリゴリします٩(ˊᗜˋ*)و どーせ半身浴するなら倍の効き目があったほうがいいからね♡ 着圧ソックスはお腹まであるやつがいいらしいです!! キレイになりたいので頑張ります∩(´∀`❤)∩ ✩ ✩ ✩ あたしO脚で、膝をくっつけようとおもいっきり力入れてもくっつかなかったんです。 なのに昨日、なんとなくやってみたら僅かにくっついて、(え?)ってなってもう1回やってみたらやっぱりかすかにくっついたの!! なんでだろ。。 やってるとしたら最近骨盤にベルトずっと巻いてるの。それ? #ダイエット#diet#足痩せ#お腹痩せ#着圧ソックス#レギンス#メディキュット#半身浴

✩kanami✩さん(@0oo.kana.oo0)がシェアした投稿 –


こちらはコロコロと転がすマッサージ器具を使っていますね。
手でマッサージするよりも楽です。

しかし、このレギンス入浴。
見た目は江頭2:50そのものです。そんなつぶやきも見受けられます。

他のかたの意見を加え総合すると、

効果

  • とにかく汗をすごくかく
  • むくみがとれた

と効果を実感しているかたもいますね。
女性のかたはむくみやすい方が多いですから、これはうれしい効果でしょう。

  • 脱ぐのが面倒
    濡れたレギンスを浴室で脱ぐのが、かなり面倒だという方もいました。
    転んで事故にならないように・・・。
  • 家族がいるので、最後にお風呂に入らないと迷惑
    一人暮らしならいいですが、家族がいる方にはちょっとやりにくいでしょう
  • 安いレギンスを使うと色落ちする

などの意見がありました。

レギンス入浴で痩せるのか?

血行が良くなり、むくみが取れるので体のめぐりが良くなることは確かでしょう。
サウナ効果で、スッキリ感はありますので、気分は爽快です。

しかし、体重が減少したのは水分が体から出たからというのが、実際のところではないでしょうか?

中村アンがやったからと言いますが、Instagramを見ると他にかなりトレーニングをしています。
こんな感じでかなりハードです。

一時的に水分が減っただけでは、ダイエットになりません。
食事に気を使い、定期的な運動を行ってダイエットに取り組むのが一番です。

むくみに悩む方には、こちらのストッキングがおすすめです。
一度履いたらやめられない!むくみや 美脚対策に効果的!
リピーター続出中の着圧・弾性・加圧ストッキング!キュットスリム!




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク