肉食ダイエットは女性に向いていません

barbecue-820010_640

肉食とダイエット?
ダイエットという言葉と“肉”は相反するような言葉の響きですが、本当に効果があるのでしょうか?

スポンサーリンク




肉食ダイエットの理論

肉食ダイエットが痩せる根拠としているのは、肉を主食として食べれば、パンや米に多く含まれる糖質が制限できるという理由からです。
徹底的に糖質を抜き、野菜も添え物程度で良いとしており、甘いものも食べない。

つまり糖質制限ダイエットですね。

糖質制限で痩せるのは分かりますが、しかしどの肉食ダイエットの主張を見ても肉を主食として食べる理由が分かりません。
肉は高たんぱくであることは間違いないですが、魚や大豆などでもたんぱく質を摂取できます。

なぜ肉でなければいけないのか?

確かに肉好きの人も人口割合で言えばかなり多いし、最近では肉食女子などという単語も出来て、焼き肉業界やステーキ店がメディアで取り上げられています。

食肉業界が作り出した一大キャンペーンみたいなものなのでは?と勘ぐりたくもなります。

しかし、肉食ダイエットで実際に痩せているようなのです。
男性の場合は・・・・。

女性には肉食ダイエットは向かない?

この肉食ダイエットは、男性では大きく結果が出ていますが、女性には向いていないのでは?という意見もあります。
日テレの「所さんの目がテン!」でかなり前に、炭水化物抜きダイエットをやっていました。
まぁ、言い方は違いますが糖質制限ダイエットと同じ意味です。

この時の実験では、一日の平均摂取カロリーを計算し、それを3食に分け、いつもと同じカロリーを炭水化物をとらずに摂取するというもの。
肉だけではなく、たまご、納豆、白身魚、などのたんぱく質が豊富なメニューがほとんど。

これを15日間続けた結果、男性は-5.5kg〜-7.9kgと大きな成果が出ました。
しかしそれに反して、女性陣は-1.6kg〜-3.4kg男性と比べると半分にも満たない成果でした。

この理由は、炭水化物を抜くとまず減るのは内臓脂肪なのです。

男性は内臓脂肪が多い方が多く成果が出やすいですが、もともと内臓脂肪よりも皮下脂肪の多い女性には過度な炭水化物ダイエットは向かないと結論づけています。

肉食ダイエットのデメリット

体臭が強くなる

child-192713_640
肉ばかり大量に食べると、みなさんご存知の通り体臭が臭くなりますよね。

これはたんぱく質が腸のなかで分解される際に、硫化水素、アンモニアなどの臭いニオイの元になる物質が発生するからです。
これが血液にまわって汗として体の外に出ると臭うのです。

この臭いニオイを防ぐには、食物繊維を多く摂ること。
食物繊維は、体内で発生するニオイのもとになる物質の分子が体に吸収されるのを抑えて、外に排出してくれるからです。

脳の働きが鈍くなる

chess-1163624_640
脳は糖質を大量に消費します。

一節によると体重70kgの人で、ブドウ糖にして120gの量を消費するといわれています。
過度に炭水化物を制限することは、糖質がかなり少なくなり、脳に影響が出てきます。
イライラしたり、集中力がなくなってきたりと日常生活に影響を及ぼします。
ダイエットは過度に行うとどうしても、変調をきたします。
肉食ダイエットだからといって過度に肉ばかり食べても、上記のようなデメリットもでます。
であれば、バランス良く食事をしながら、全体のカロリーを抑えるのが理想的です。

一日三食のうち、一食を酵素ドリンクなどに置き換えてみるとか、最近ではメタバリアNEOのように、食事の前に飲むと糖質の吸収を抑えてくれるモノを出ています。

こういったものを利用して、摂取カロリーを抑えて、適度に運動するのがダイエットへの近道です。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク