おかゆダイエット 寒い冬には最適なダイエット法!

寒い季節にはもってこいのダイエット方法。
それは、おかゆダイエットです。
これを食べればホカホカと体が温まりますね。

kayu

スポンサーリンク




おかゆダイエットがなぜ効くのか?

おかゆといえば風邪や病気で寝込んだ時、食欲が無い時にお母さんが作ってくれた幼いあの日。
そんな記憶がありますが、みなさんはどうでしょう?
このおかゆダイエットがなぜ効くのかというと、理由は簡単。
少量のお米を大量の水で炊くからです。

ごはん1膳を約200kcalとすると、おかゆは約半分のカロリーになるので約100kcalになります。
カロリーを抑えられるので、ダイエットにいいというわけです。
また温かい食べ物を食べれば体温が上昇し、代謝もあがるので一石二鳥。

おかゆダイエットの欠点は?

このおかゆダイエット欠点は、水分が多いのでやはり腹持ちはあまり良くないところ。
さらりといけるので、噛む回数も少なく満腹中枢も刺激されないので満足感が得にくいところです。
ですので、おかゆのお供に大根やキュウリのお新香をよく噛んで食べたり、枝豆をおかゆに混ぜて食感を増すなど、工夫して満足感が得られるようにしてみましょう。

おかゆの作り方は?

炊飯器をお持ちの方でしたら、最近のモノはおかゆモードが付いているので、指示されたラインまでお米と水を入れればOK。
簡単にできます。

雰囲気を出して土鍋でやるのも簡単です。
100均で1人用土鍋も売っていますね。
その場合、半合のお米に対して水2.5カップ弱(500ml)くらいが、鍋目一杯くらいの量。
強火で一気に煮立て、一旦火を止めて鍋を落ち着かせます。
落ち着いたら、再び点火し弱火で15分くらい炊きます。
後は様子を見ながら米のやわらかさを確認し、火を止め蓋をして5分位蒸らせば完成です。

クックパッドのこちらのレシピが解りやすいです。
Cpicon 30分で完成☆1人用土鍋で簡単お粥 by michila

横浜中華街でおかゆといえば、謝甜記

どうせおかゆを食べるなら、横浜中華街でおいしいおかゆを楽しんでみるのもいいですね。
横浜中華街でおかゆといえば、謝甜記が昔から有名ですね。
奥さんと息子たちが経営する謝甜記貳号店も店舗が新しくなりキレイです。

どちらも美味しいと評判です。
ダイエットのご褒美に、おいしいおかゆを食べに行くのもいいですね。

手間を掛けずにおかゆを食べたいなら

楽天などでおかゆのレトルトを購入するのもいいですね。
手軽に色々な味が楽しめるので、飽きがこない。

こちらは永平寺御用達のおかゆセット

美味しく楽しんでダイエットには最適!

スポンサーリンク