お灸女子必見!【お灸ダイエット】に効果的なツボはココ

3e3e0fc83dcfc1ee6ede68c33b5eef89_s

「お灸すると痩せる!?」「やせるツボってあるの?」

なるべくなら楽に、辛い思いをせずに痩せたいと思うのはみんなそうですよね。
「押すだけで痩せる!」
そんな便利な場所はないのですが、効果的なツボというのがあります。

スポンサーリンク




お灸ダイエットに効果的なツボ

せんねん灸のQ&Aサイトでは、以下のように解説しています。

東洋医学では太りやすいというのは体のバランスの乱れととらえて、そこを改めることで全体のバランスをよくして、身体の基礎代謝を高めるダイエットをサ ポートします。ダイエットに効果的なツボとしては、余分なエネルギーを燃やす、足の裏の「湧泉」・足の「三陰交」などがそれにあたります。

出典:せんねん灸 お灸のQ&A

aec0b371e2d2c404e96ece1eadcaccb5_s

湧泉の場所

足の裏、土ふまずの前のほうにある。足の指をギュッと曲げたときにくぼむところ。

三陰交の場所

足の内側のくるぶしから指4本くらい上の、スネの骨の内側のくぼみにあるツボ。

指で押すのもいいですが、お灸でじんわり暖めるのも乙なもの。
今は貼るだけで、火を使わないお灸もあるようです。 足の裏とか自分で押しにくい場所は、これっていいかも。

へそ周辺を温めればいいことずくめ

腹巻きが血流効果を高めてくれるように、へその周りを温めれば巡りがよくなり、冷え性にも効果的です。
女性は特にお腹を冷やしてはいけないと、昔から言われているように、女性特有の症状に効果があるツボも、へそ周辺にたくさんあります。

腹巻きやお灸でなくとも、冬場などは使い捨てカイロなどをお腹に貼ることで、手足まで暖かくなってきます。

お灸ダイエットの口コミ・評価

ズバリな本も出ています。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク