シックスパッド VS スレンダートーン 購入前に比べてみよう

8452fe47e830cb6ac909b165039f90aa_s
外部から電気刺激を与え、筋肉を収縮させるEMS。
通販番組などでついつい見てしまいます。
最近CMが多いのは、シックスパッドスレンダートーン
効果と、この2機種の違いを比べてみました。

スポンサーリンク

EMSとは

EMSとは「Electrical Muscle Stimulation」の頭文字をとったもの。
日本語に訳すと、電気的筋肉刺激のことです。

通常筋肉は脳からの命令を受けて収縮しますが、EMSは外部から電気刺激を与えて強制的に筋肉を収縮させます。

筋肉を収縮させる方法は違いますが、筋肉に対する結果的は同じことです。
ですので効果は確実にあります。

ただ、特定のスポーツにおいてパフォーマンスがあがるわけではありません。
あくまでも筋肉、この場合は特に腹筋に対して効果はあるということです。

口コミでは副作用として便秘解消したかたも

ネットの口コミによると、便秘が解消したというかたもいます。
これは、便秘のかたにはうれしい副作用ですね。
ただし便秘のかたすべてに効果があるわけではなく、たまたま便秘に効果があったと思ったほうが良いでしょう。

シックスパッドVSスレンダートーン比較

それぞれの仕様を見比べてみましょう

シックスパッド スレンダートーン
電源 コイン電池CR2032を使用
約30回使用可能
充電式 フル充電で10回使用可能
充電時間2〜3時間
約500回は充電可能
コイン電池CR2032 4個入りでAmazonで280円くらいと安いので、それほど負担にはならないでしょう。
シックスパッドの薄さと軽さは、この電池を使うことで実現しています。
 重さ  電池を含んで84gとメチャクチャ軽い
しかも薄いので、携帯に便利です
 携帯性は良くないです
でも、携帯しますか?家で使いますよね
シックスパッドは軽くて薄いので、収納に場所も取らないし、旅行にも携帯できます。スレンダートーンは服の下に付けれないことはないですが、目立ちますよね
 1日の使用回数 1ヶ所につき、1日1回推奨
1回23分
強度は15段階で調整
1日2回(1回30分)
強度は150段階で調整
価格 23,800円(税別) 19,800円(税別)


個人的なオススメはシックスパッド・・ですが

販売台数でいえば、先行して発売しているスレンダートーンのほうが多いですが、後発のシックスパッドはそのフォルムがカッコイイ。

充電は出来ませんが、その分すぐに使えるし、充電池が無いのであの薄さと軽さを実現しています。
収納も場所を取らないので、旅行にも持っていけます。

しかし、価格差が4,000円あり電池の必要も無いスレンダートーンのほうがコスト的には安いです。
CMも杉村太蔵が痩せたのならわたしにも出来そうな気にさせてくれます。

結論

どちらの商品も目指すところは同じです。
最終的には継続することで、結果が出るのです。

口コミで効果がないと言っているかたの多くは、1週間や2週間程度の使用しかしていないかたの口コミが多いです。
いくらなんでもそんなにすぐには変わりません。
CMでもあの杉村太蔵でさえ1ヶ月間每日使用しての効果です。
1,2週間で効果がすぐに出るわけは無いのです。

最終的には購入してもあなたの意識が変わらなければ、意味はないでしょう。
やるなら6ヶ月は継続しないとですよ。

※注意
シックスパッドは一部で偽物が出回っています。
かなり精巧な作りで、素人目には判断できなくらいの見た目です。
購入はシックスパッドの公式販売ページからの購入をおすすめします。


シックスパッド公式オンラインショップ【MTG OnlineShop】

スポンサーリンク